よくあるご質問

第一線監督者について

第一線監督者とはどんな人を指しますか?

製造現場で目標達成のため、管理・監督・指導を行う管理監督者のことを指します。
一般的には係長、工長、主任、職長、作業長、ラインリーダーなどと呼ばれています。

詳しくは、こちらをご覧ください。

「第一線監督者の集い」とは何ですか?

優れた第一線監督者・現場リーダーによる、現場マネジメントのノウハウを発表する大会です。
本大会における発表は、単なる現場の改善事例の発表ではなく、また、小集団による活動成果報告でもありません。
第一線監督者自身による自らの活動報告であり、自分に課せられた役割をどのようにして取り組み、果たしてきたのか、そのプロセスを発表していただいております。

現在は、全国5箇所で地区大会(東北・関東・名古屋・関西・九州)が行われ、各地区大会の優秀賞2件が「第一線監督者の集い:全国大会」へ出場する権利を獲得します。全国大会では最優秀賞1件が選出され「大野耐一特別賞」を授与されます。

「第一線監督者の7つの役割」とは何ですか?

日本能率協会では、優秀な第一線監督者として成長するために“第一線監督者の7つ役割”を定義しています。

1. 担当職場(現場)の経営者となる - 担当職場の全体管理 –
2. 人材の育成を行う  -次代の第一線監督者を育てる-
3. 作業指導を行う
4. 改善の指導・継続を行う
5. ルールを遵守できる職場づくり
6. 快適な職場風土づくり  – 職場を活性化させる –
7. 職場から尊敬される人間モデルとなる

※詳しくは「第一線監督者マネジメントガイド 知識ガイド」に解説しております。

第一線監督者マネジメント資格(CPF資格)について

CPF資格とは、どのような資格ですか?

第一線監督者を対象に、業務に求められるマネジメントスキルを評価・認定する資格制度です。
公益社団法人全日本能率連盟が認定する民間資格です。

詳しくは、こちらをご覧ください。

試験について

※2019年1月期の試験から試験配信会社がPearsonVue(ピアソンビュー)に変わります。
※1月期の試験申し込みは2018年11月12日(月)より開始されます。
試験の予約や受験に関する一般的なFAQはこちらから

第一線監督者マネジメントガイド 詳しくはこちら
CPE 生産技術者マネジメント資格 CPP 購買・調達資格公式サイト ものづくりポータルサイト ものづくりのためのJMAオンラインセミナー JMA GENBA Management Conference & Award 第一線監督者の集い GOOD FACTORY賞 受賞記念講演会 JMI生産・開発マネジメントコース ものづくり総合大会 生産革新プロフェッショナルコース ものづくり人材育成ソリューション JMA海外体験型研修プログラムJ-EXCEED
ページトップへ戻る