「第一線監督者の役割」の記事一覧

変化に反発するリーダーと変化を受け入れるリーダーの違いとは?

15

人は変化に対して否定的になりやすいものです。慣れは安心につながり、変化(新規)は不安を招きます。 新規配属の作業者にとって最初はすべてが新しいものの、時間の経過とともに業務は習慣・経験となり、変革に対して反発してしまう心・・・

第一線監督者に求められる技能スキルは?

14

第一線監督者は現場の経営者であり、評価指標は作業スキルではなく経営能力であることが望ましいと考えられます。しかし、現場の指導・教育において、やって見せるという方法は非常に有効です。 したがって、自職場の人材育成を行い、次・・・

日々の現場管理で作業効率の低下を防ぐには?

13

現場は常に変化しています。突発的な計画変更、欠勤、部品不良や欠品、ビギナーの投入など、同じ条件の日はほとんどありません。 他部署からの応援などでビギナーが投入された場合、標準作業の徹底が求められます。それを作業者が守らな・・・

全員参画の職場づくりにおける第一線監督者の役割とは?

12

現場従業員の仕事へのやる気と働く意欲を引き出すことは、第一線監督者の役割の一つです。働く意欲を引き出せれば、仕事を覚えて技能向上するスピードも高まるからです。 しかしながら、現場作業が楽しくないという人も一定数いるようで・・・

QCDの達成と第一線監督者の在り方とは?

11

社内のサプライチェーン(開発~営業~生産~出荷検査~納品物流部門)は各部門の連携で成り立っています。 その中で、ものづくりの現場は標準作業を決め、ルールを遵守し、維持・改普を図りながら製品品質を確保しています。このことが・・・

第一線監督者の評価は作業スキル?経営能力?

09

第一線監督者が自分で作業をすることは少なく、目標達成に向けた実作業や業務を行うのは、職場の作業者や他部門の人たちがほとんどでしょう。 つまり、第一線監督者は作業能力がいくら優れていても、高く評価されません。評価されるのは・・・

第一線監督者が現場の経営者と言われるのはなぜ?

09

第一線監督者が現場の経営者と言われるのはなぜでしょうか。それは、第一線監督者が指示したことは、そのまま自社の業績に直結すると考えられるからです。 自身の担当している職場の責任で社外クレームが発生すれば、自社の信用は失われ・・・

ワールドワイドで活躍する第一線監督者とは?

08

日本の製造業では、作業者の価値観や設備条件の違いから、国内と海外の現場でマネジメントに差があることが多々あったようです。 しかし、ばらばらなマネジメントシステムは大きな非効率を生みます。 マネジメントやものづくりの質を統・・・

変化を「ピンチ」と捉えるか「チャンス」と捉えるか?

07

ものづくり現場のレベルを高めるには、どうすればいいのでしょうか。一つは、世界的な経済環境の変化をチャンスと捉え、革新を目指すことです。 「目の前の変化に対処する」ということも確かに大切です。しかし、環境変化を乗り越えた後・・・

なぜ第一線監督者が「自身のすべきこと」を理解することが重要なのか

06

優秀な第一線監督者であっても日常の現場管理に忙殺され、自らの存在意義を見失ってしまうことは珍しくないようです。 しかし、経営者トップが「ものづくり現場」に求めることの一つは、先例や暗黙知から新たな価値を生み出すことです。・・・

CPE 生産技術者マネジメント資格 CPP 購買・調達資格公式サイト ものづくりポータルサイト ものづくりのためのJMAオンラインセミナー JMA GENBA Management Conference & Award 第一線監督者の集い GOOD FACTORY賞 受賞記念講演会 JMI生産・開発マネジメントコース ものづくり総合大会 生産革新プロフェッショナルコース ものづくり人材育成ソリューション JMA海外体験型研修プログラムJ-EXCEED
ページトップへ戻る