「第一線監督者の役割」の記事一覧

ワールドワイドで活躍する第一線監督者とは?

08

日本の製造業では、作業者の価値観や設備条件の違いから、国内と海外の現場でマネジメントに差があることが多々あったようです。 しかし、ばらばらなマネジメントシステムは大きな非効率を生みます。 マネジメントやものづくりの質を統・・・

変化を「ピンチ」と捉えるか「チャンス」と捉えるか?

07

ものづくり現場のレベルを高めるには、どうすればいいのでしょうか。一つは、世界的な経済環境の変化をチャンスと捉え、革新を目指すことです。 「目の前の変化に対処する」ということも確かに大切です。しかし、環境変化を乗り越えた後・・・

なぜ第一線監督者が「自身のすべきこと」を理解することが重要なのか

06

優秀な第一線監督者であっても日常の現場管理に忙殺され、自らの存在意義を見失ってしまうことは珍しくないようです。 しかし、経営者トップが「ものづくり現場」に求めることの一つは、先例や暗黙知から新たな価値を生み出すことです。・・・

「ものづくり現場」の強化に第一線監督者が果たす役割

05

「ものづくり現場」の強化に第一線監督者が果たす役割の大きさを考えてみましょう。 「現場力」の意味を考えてみると、「知恵」や「工夫」という言葉とほぼ同義と考えられます。「知恵」や「工夫」が多い現場こそ、高い水準の問題解決力・・・

21世紀をリードするものづくり現場の構築

04

昨今、日本の製造業では生産の「国内回帰」の動きが強まりつつあります。海外の「ものづくり現場」だけでは改善や革新が進みにくいこと、先端領域の製品などは海外での生産が難しいことなどが背景にあるようです。 21世紀、世界は大き・・・

多様な人材のマネジメントの方法とは

03

総務省の「労働力調査」によると、職場における非正規の職員・従業員の割合は1984年で15.3%でした。しかし、2007年には33.5%に増えています。さまざまな雇用形態・働き方の従業員が同じ職場で働くことは、当たり前にな・・・

海外生産移転と国内のものづくり現場

02

80年代以降、日本企業は海外への生産移転を積極的に推進しました。その結果、国内の「ものづくり現場力」を低下させてしまった企業は、少なからずあったようです。 要因の1つとして考えられるのが、現場の人員不足です。例えば、海外・・・

ものづくりの現場を永続させるには

01

アメリカ発の金融恐慌や新興国の台頭など、近年の日本の製造業には大きな試練が押し寄せてきました。今後も、日本の製造業の前には多くの試練が立ちはだかるのではないでしょうか。 しかし、どのような環境下であっても、ものづくりの現・・・

現場の経営者となる一担当職場の全体管理

d9b54b5f1f81efb9b2e7bc47b8c9fc27_s

第一線監督者の役割は、一般的には業績目標や上司の指示に従って、作業者の活動を決め、監督することとされています。このことから、第一線監督者は自職場の業績のすべての責任を担う存在であると言えるでしょう。 別のいい方をすれば第・・・

CPE 生産技術者マネジメント資格 CPP 購買・調達資格公式サイト ものづくりポータルサイト ものづくりのためのJMAオンラインセミナー JMA GENBA Management Conference & Award 第一線監督者の集い GOOD FACTORY賞 受賞記念講演会 JMI生産・開発マネジメントコース ものづくり総合大会 生産革新プロフェッショナルコース ものづくり人材育成ソリューション JMA海外体験型研修プログラムJ-EXCEED
ページトップへ戻る