全員参画の職場づくりにおける第一線監督者の役割とは?

現場従業員の仕事へのやる気と働く意欲を引き出すことは、第一線監督者の役割の一つです。働く意欲を引き出せれば、仕事を覚えて技能向上するスピードも高まるからです。

しかしながら、現場作業が楽しくないという人も一定数いるようです。そんな人には、別の視点を持たせることをお勧めします。

例えば、どうしたらより効率的になるかという提案を、その人にしてもらうのです。そうすると、自分で工夫を始め、作業へのモチベーションも高まるはずです。

後工程の作業者に昨日の出来栄えについて評価させ発表させる、というのも一つの方法です。ノミニケーションや食事会なども動機付けに役立つことがあります。

また、作業者のモチベーション低下の理由の一つに、初心者ゆえの経験不足、視野の狭さがあります。仕事の面白さを語ることで、目からうろこというようなことも起こるでしょう。

第一線監督者には、現場の作業者全員が当事者意識を持って働く「全員参画の職場」をつくることが求められます。全員参画活動の基本と現状課題を分かりやすくまとめた「第一線監督者マネジメントガイド」で学んでみてはいかがでしょうか?

まずは、ご自身や貴社にとって役に立つものかどうかを体験していただける
第一線監督者マネジメントガイド【無料】サンプルダウンロードをご利用ください。

◆第一線監督者マネジメントガイド【無料】サンプル◆ 
10秒でダウンロード! 
https://event.jma.or.jp/cpf_guide_sample

第一線監督者マネジメントガイド 詳しくはこちら
CPE 生産技術者マネジメント資格 CPP 購買・調達資格公式サイト ものづくりポータルサイト ものづくりのためのJMAオンラインセミナー JMA GENBA Management Conference & Award 第一線監督者の集い GOOD FACTORY賞 受賞記念講演会 JMI生産・開発マネジメントコース ものづくり総合大会 生産革新プロフェッショナルコース ものづくり人材育成ソリューション JMA海外体験型研修プログラムJ-EXCEED
ページトップへ戻る