QCDの達成と第一線監督者の在り方とは?

社内のサプライチェーン(開発~営業~生産~出荷検査~納品物流部門)は各部門の連携で成り立っています。

その中で、ものづくりの現場は標準作業を決め、ルールを遵守し、維持・改普を図りながら製品品質を確保しています。このことが品質確保の前提であり、100%良品が当然と考えるべきでしょう。

納期の遵守も、ものづくりの基本です。どんなに短い納期であろうと、会社として受けた以上は厳守するという姿勢を示さなければなりません。

さらには、企業であることから利益が出ていなければなりません。合理的に利益を上げて会社の存続・発展を図り、従業員の生活の安定を保証することは、経営の基本です。

現場の経営者たる第一綿監督者も、同様の考え方をもって日々の業務に当たる必要があります。経営者の視点を持った高度なマネジメントスキルを第一線監督者に保有してもらうために、日本能率協会では「第一線監督者マネジメントガイド」を用意しました。

まずは、ご自身や貴社にとって役に立つものかどうかを体験していただける
第一線監督者マネジメントガイド【無料】サンプルダウンロードをご利用ください。

◆第一線監督者マネジメントガイド【無料】サンプル◆ 
10秒でダウンロード! 
https://event.jma.or.jp/cpf_guide_sample

第一線監督者マネジメントガイド 詳しくはこちら
CPE 生産技術者マネジメント資格 CPP 購買・調達資格公式サイト ものづくりポータルサイト ものづくりのためのJMAオンラインセミナー JMA GENBA Management Conference & Award 第一線監督者の集い GOOD FACTORY賞 受賞記念講演会 JMI生産・開発マネジメントコース ものづくり総合大会 生産革新プロフェッショナルコース ものづくり人材育成ソリューション JMA海外体験型研修プログラムJ-EXCEED
ページトップへ戻る