第一線監督者の評価は作業スキル?経営能力?

第一線監督者が自分で作業をすることは少なく、目標達成に向けた実作業や業務を行うのは、職場の作業者や他部門の人たちがほとんどでしょう。

つまり、第一線監督者は作業能力がいくら優れていても、高く評価されません。評価されるのは、その担当職場の業績が目標を達成したときです。つまり経営能力が評価されるのです。

現場の経営は、『人を使って』行われます。

第一線監管者が現場経営の革新を図ろうと一人で考えても、上手くいくことは稀なようです。現場独自の個性を持った多くの人々の創造が現場の革新を図り、結果として企業業績を向上させるのです。全員参加型・直接参加型のマネジメントが強く求められている理由の一つです。

職場を活性化させて多くの意見を出してもらい、意見をまとめ上げ、現場の革新を推進するには、第一線監督者が現場の人々から尊敬される人間でなくてはなりません。

第一線監督者の職場におけるリーダーシップの基本と現状、課題をまとめた「第一線監督者マネジメントガイド」は、そんな第一線監督者を育成する一助となるはずです。

まずは、ご自身や貴社にとって役に立つものかどうかを体験していただける
第一線監督者マネジメントガイド【無料】サンプルダウンロードをご利用ください。

◆第一線監督者マネジメントガイド【無料】サンプル◆ 
10秒でダウンロード! 
https://event.jma.or.jp/cpf_guide_sample

第一線監督者マネジメントガイド 詳しくはこちら
CPE 生産技術者マネジメント資格 CPP 購買・調達資格公式サイト ものづくりポータルサイト ものづくりのためのJMAオンラインセミナー JMA GENBA Management Conference & Award 第一線監督者の集い GOOD FACTORY賞 受賞記念講演会 JMI生産・開発マネジメントコース ものづくり総合大会 生産革新プロフェッショナルコース ものづくり人材育成ソリューション JMA海外体験型研修プログラムJ-EXCEED
ページトップへ戻る