第一線監督者が現場の経営者と言われるのはなぜ?

第一線監督者が現場の経営者と言われるのはなぜでしょうか。それは、第一線監督者が指示したことは、そのまま自社の業績に直結すると考えられるからです。

自身の担当している職場の責任で社外クレームが発生すれば、自社の信用は失われてしまいます。会社の存亡にかかわるような最悪のケースも想定しておくべきでしょう。

このように、第一線監督者は経営チームの一員として、経営責任を分担しているといえるのです。

また、自分とは関係ない領域から諸課題が持ち込まれたり、急激な減産を余儀なくされたりすることもあるでしょう。どのような状況下であっても、その条件の中でQCDなど諸指標の目標達成ができるよう、最善を尽くすのが優れた第一線監督者なのです。

さまざまな策を講じるには、第一線監督者の担当業務の進め方や改善手法など、良質なインプットが不可欠です。日本能率協会が用意した「第一線監督者マネジメントガイド」には、ものづくり現場の基盤強化、活性化に必要な知識が分かりやすくまとめられています。

まずは、ご自身や貴社にとって役に立つものかどうかを体験していただける
第一線監督者マネジメントガイド【無料】サンプルダウンロードをご利用ください。

◆第一線監督者マネジメントガイド【無料】サンプル◆ 
10秒でダウンロード! 
https://event.jma.or.jp/cpf_guide_sample

第一線監督者マネジメントガイド 詳しくはこちら
CPE 生産技術者マネジメント資格 CPP 購買・調達資格公式サイト ものづくりポータルサイト ものづくりのためのJMAオンラインセミナー JMA GENBA Management Conference & Award 第一線監督者の集い GOOD FACTORY賞 受賞記念講演会 JMI生産・開発マネジメントコース ものづくり総合大会 生産革新プロフェッショナルコース ものづくり人材育成ソリューション JMA海外体験型研修プログラムJ-EXCEED
ページトップへ戻る