【消費税増税に関するお知らせ】
消費税増税に伴う受験料とバウチャー販売に関するご案内

多様な人材のマネジメントの方法とは

総務省の「労働力調査」によると、職場における非正規の職員・従業員の割合は
1984年で15.3%でした。しかし、2007年には33.5%に増えています。
さまざまな雇用形態・働き方の従業員が同じ職場で働くことは、当たり前になりつつあります。

人材の多様化は一方で、マネジメントの複雑化につながります。

「現場の一体感をどのように醗成すればいいか分からない」
「短期間に人材が入れ替わる状況で、経験やノウハウを継承する術が見出せない」
といった悩みをお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

さまざまな人材のマネジメントは、「ものづくり現場」の課題の一つと言えそうです。

多様な人材を活用し、改善活動に取り組める環境を整備し、一体感ある職場作りを進めるには、
優秀な第一線監督者の存在が不可欠です。日本能率協会の用意した
「第一線監督者マネジメントガイド」には、第一線監督者が学ぶべきマネジメントスキルを
体系的にまとめました。

まずは、ご自身や貴社にとって役に立つものかどうかを体験していただける
第一線監督者マネジメントガイド【無料】サンプルダウンロードをご利用ください。

◆第一線監督者マネジメントガイド【無料】サンプル◆ 
10秒でダウンロード! 
https://event.jma.or.jp/cpf_guide_sample

第一線監督者マネジメントガイド 詳しくはこちら
CPE 生産技術者マネジメント資格 CPP 購買・調達資格公式サイト ものづくりポータルサイト ものづくりのためのJMAオンラインセミナー JMA GENBA Management Conference & Award 第一線監督者の集い GOOD FACTORY賞 受賞記念講演会 JMI生産・開発マネジメントコース ものづくり総合大会 生産革新プロフェッショナルコース ものづくり人材育成ソリューション JMA海外体験型研修プログラムJ-EXCEED
ページトップへ戻る