【消費税増税に関するお知らせ】
消費税増税に伴う受験料とバウチャー販売に関するご案内

現場の安全のために第一線監督者がすべきことは?

第一線監督者には、現場の安全が常に求められます。安全を確保するためには
3つのポイントがあります。

・5Sの徹底
・標準作業の設定と厳守
・設備の点検・整備の徹底

事故の根本的原因は、ほぼ上記の不徹底に行き当たります。
しかし、徹底・厳守はなかなか難しいようです。
そのため、あきらめることなく何度も言い続けなければなりません。

また、ヒヤリ・ハットが発生したとき、作業者は安堵惑が先に立ちます。
「ああ、何もなくてよかった。助かった。」
これで終わってしまっては、進歩がありません。

第一線監督者がすべきことは、一人の経験を全員の経験にすることです。
すなわち、再発防止の対策が不可欠です。

日本能率協会の用意した「第一線監督者マネジメントガイド」では、事故ゼロを実現する安全管理の
進め方を体系的にまとめてあります。現場の無事故・無災害を達成するためにも、第一線監督者の方に
読んでもらってはいかがでしょうか。

まずは、ご自身や貴社にとって役に立つものかどうかを体験していただける
第一線監督者マネジメントガイド【無料】サンプルダウンロードをご利用ください。

◆第一線監督者マネジメントガイド【無料】サンプル◆ 
10秒でダウンロード! 
https://event.jma.or.jp/cpf_guide_sample

第一線監督者マネジメントガイド 詳しくはこちら
CPE 生産技術者マネジメント資格 CPP 購買・調達資格公式サイト ものづくりポータルサイト ものづくりのためのJMAオンラインセミナー JMA GENBA Management Conference & Award 第一線監督者の集い GOOD FACTORY賞 受賞記念講演会 JMI生産・開発マネジメントコース ものづくり総合大会 生産革新プロフェッショナルコース ものづくり人材育成ソリューション JMA海外体験型研修プログラムJ-EXCEED
ページトップへ戻る