【消費税増税に関するお知らせ】
消費税増税に伴う受験料とバウチャー販売に関するご案内

改善技術の手本を第一線監督者が示す必要性とは?

第一線監督者が作業者に改善技術を教えるには、どうすればいいでしょうか? 
一番簡単な手法は、実際に見せてしまうことです。「百聞は一見に如かず」です。

実際に見せることで、作業者は改善の面白さやテクニックの多くを理解してくれます。

具体的には、自らが改善テーマを掲げ、改善に向かってリーダーシップを発揮しながら
結果を出します。全体の進め方、テーマ解決に結びつく最適な分析手法の選択、素早い分析、
5現主義に基づく事実の把握、関係部門や上司の巻き込み方など手本を示しながら
改善成果をあげましょう。

一方で、第一線監督者のレベルが低いと、作業者に改善の面白さやテクニックは伝えられません。
自社の第一線監督者のレベルが不安だという方は、「第一線監督者マネジメントガイド」を
読んでもらうことから始めてみてはいかがでしょうか。

まずは、ご自身や貴社にとって役に立つものかどうかを体験していただける
第一線監督者マネジメントガイド【無料】サンプルダウンロードをご利用ください。

◆第一線監督者マネジメントガイド【無料】サンプル◆ 
10秒でダウンロード! 
https://event.jma.or.jp/cpf_guide_sample

第一線監督者マネジメントガイド 詳しくはこちら
CPE 生産技術者マネジメント資格 CPP 購買・調達資格公式サイト ものづくりポータルサイト ものづくりのためのJMAオンラインセミナー JMA GENBA Management Conference & Award 第一線監督者の集い GOOD FACTORY賞 受賞記念講演会 JMI生産・開発マネジメントコース ものづくり総合大会 生産革新プロフェッショナルコース ものづくり人材育成ソリューション JMA海外体験型研修プログラムJ-EXCEED
ページトップへ戻る