【消費税増税に関するお知らせ】
消費税増税に伴う受験料とバウチャー販売に関するご案内

改善活動の強制にメリットはあるのか?

今回は、部下に改善活動を強制させることのメリットをお伝えします。
不思議なことに、改善活動の強制は、改善活動の習慣化につながるのです。

まずは、部下に日常作業以外に改善テーマを与え、業務として取り組ませます。
大切なことは、改善活動がしやすい環境や進捗管理などの支援を惜しまず、改善による成功体験を
味わってもらうことです。

改善プロセスで味わった苦しみは、成功体験によって喜びへと変わります。
苦しみの克服は自信につながり、改善活動が習慣化していくのです。

昨今の風潮では、部下に業務を強制させることを避ける職場も多いでしょう。
しかし、長い目で見たときには必要なことなのかもしれません。
もちろん、部下が挫折しないようにサポートすることが必須でしょう。

このように、部下の育成と現場力の向上を求められる第一線監督者には、柔軟な思考と行動が
求められます。「第一線監督者マネジメントガイド」には、規律ある職場づくりと
部下育成についてのヒントが詰まっています。

まずは、ご自身や貴社にとって役に立つものかどうかを体験していただける
第一線監督者マネジメントガイド【無料】サンプルダウンロードをご利用ください。

◆第一線監督者マネジメントガイド【無料】サンプル◆ 
10秒でダウンロード! 
https://event.jma.or.jp/cpf_guide_sample

第一線監督者マネジメントガイド 詳しくはこちら
CPE 生産技術者マネジメント資格 CPP 購買・調達資格公式サイト ものづくりポータルサイト ものづくりのためのJMAオンラインセミナー JMA GENBA Management Conference & Award 第一線監督者の集い GOOD FACTORY賞 受賞記念講演会 JMI生産・開発マネジメントコース ものづくり総合大会 生産革新プロフェッショナルコース ものづくり人材育成ソリューション JMA海外体験型研修プログラムJ-EXCEED
ページトップへ戻る