【消費税増税に関するお知らせ】
消費税増税に伴う受験料とバウチャー販売に関するご案内

生産拠点を成長させるための「役割」と「定量的指標」とは?

国内の生産拠点を成長させるには、「こういう現場なら日本国内に置く価値がある」という目標を
明示する必要があります。ポイントは、「役割」と「定量的指標」の2つです。

日本の製造業に国内のものづくり現場の役割を聞いてみると、コア技術の強化やマザー工場としての
機能という回答が返ってきます。しかし、自社のコア技術やマザー工場に求める機能を明確に
規定することは、なかなか難しいものです。

定量的指標についても、QCDがどのレベルなら国内で生産するのか、基準を明確に規定すべきです。
国内に残すために必要なレベルが明確になれば、改善や革新が実践しやすくなります。

「役割」と「定量的指標」を定め、各段階での実践を積み上げれば、今までとは全く異なる現場が
できあがります。次の発展期に向け、勝ち残るためのターニングポイントにもなるでしょう。

「役割」と「定量的指標」を明確にした後は、それらをクリアできる高レベルな第一線監督者の存在が
求められます。自社の第一線監督者のレベルはどの程度でしょうか? レベル測定のため、
「第一線監督者マネジメントガイド スキルスタンダード」で第一線監督者に必要なスキルを
チェックしてみませんか?

まずは、ご自身や貴社にとって役に立つものかどうかを体験していただける
第一線監督者マネジメントガイド【無料】サンプルダウンロードをご利用ください。

◆第一線監督者マネジメントガイド【無料】サンプル◆ 
10秒でダウンロード! 
https://event.jma.or.jp/cpf_guide_sample

第一線監督者マネジメントガイド 詳しくはこちら
CPE 生産技術者マネジメント資格 CPP 購買・調達資格公式サイト ものづくりポータルサイト ものづくりのためのJMAオンラインセミナー JMA GENBA Management Conference & Award 第一線監督者の集い GOOD FACTORY賞 受賞記念講演会 JMI生産・開発マネジメントコース ものづくり総合大会 生産革新プロフェッショナルコース ものづくり人材育成ソリューション JMA海外体験型研修プログラムJ-EXCEED
ページトップへ戻る