【消費税増税に関するお知らせ】
消費税増税に伴う受験料とバウチャー販売に関するご案内

複雑化する現場の設備に対応するには?

ものづくり現場は、昔と比べて複雑で繊細になりました。

生産設備はセンシング技術が発達し、自動化やロボット化が進んでいます。その結果、生産時の設備操作自体は簡単になりつつあります。

しかし、生産の前段階での調整など、オペレーションは逆に高度になりました。生産を制御する高度なIT技術について、現場に十分な知見や知識がなく、問題が起きても対処や解決が難しいのが現状ではないでしょうか。

第一線監督者は、設備が複雑化しても工程・設備の不具合の原因や問題点を解明できるだけの経験や知識が必要です。しかし、オペレーションが高度化するに従い、必要な知識の幅と深さは広がり、第一線監督者だけでは解決できない問題が増えています。

このため、問題解決に時間を要してしまい、生産が遅れて余裕のない現場となり、ものづくり力が低下している現場が増えているようです。ものづくり力を高めるはずの新設備や新工程が逆に力を低下させるというのは、皮肉な結果です。

「第一線監督者マネジメントガイド」では、このような問題を解決するため、これからの職場高度化対応の視点と第一線監督者に求められる役割をまとめました。貴社の第一線監督者の方々に読んでいただければ、ものづくり現場を一段高いレベルに引き上げる一助となるはずです。

まずは、ご自身や貴社にとって役に立つものかどうかを体験していただける
第一線監督者マネジメントガイド【無料】サンプルダウンロードをご利用ください。

◆第一線監督者マネジメントガイド【無料】サンプル◆ 
10秒でダウンロード! 
https://event.jma.or.jp/cpf_guide_sample

第一線監督者マネジメントガイド 詳しくはこちら
CPE 生産技術者マネジメント資格 CPP 購買・調達資格公式サイト ものづくりポータルサイト ものづくりのためのJMAオンラインセミナー JMA GENBA Management Conference & Award 第一線監督者の集い GOOD FACTORY賞 受賞記念講演会 JMI生産・開発マネジメントコース ものづくり総合大会 生産革新プロフェッショナルコース ものづくり人材育成ソリューション JMA海外体験型研修プログラムJ-EXCEED
ページトップへ戻る