第一線監督者が仕事を通じて成長するには?

第一線監督者が仕事を通して会社に貢献することは当然のことでしょう。一方で、会社・経営者が従業員に貢献すると考えることも、会社の責務として必要です。

会社からの貢献の例として、以下の2つが考えられます。

  • 仕事を通じて人を育てる
  • 「ものづくり」は「人づくり」

仕事を通じて人材育成を行い、従業員に報いようという考え方です。現場の経営者たる第一線監督者は、この考えを肝に銘じておかなければなりません。現場作業を通じて部下たちを成長させることも、第一線監督者の責務の一つです。

仕事を通じた成長は、第一線監督者自身に対しても有効です。一般の従業員と異なる点として、第一線監督者の場合は目標や成長への道筋を自分で考えなければなりません。自分のための目標を持ち、実現のために行動し、成長しなければならないのです。

第一線監督者として成長するには、第一線監督者の業務について網羅的に学び、自分の得意分野、苦手分野を把握することが近道です。

「第一線監督者マネジメントガイド スキルスタンダード」は、第一線監督者として必要なスキルを業務ごとに分類し、それぞれに4段階のレベルを設けてセルフチェックができるようにまとめた書籍です。自身の実力を測って成長への道筋を描くため、ぜひご活用ください。

まずは、ご自身や貴社にとって役に立つものかどうかを体験していただける
第一線監督者マネジメントガイド【無料】サンプルダウンロードをご利用ください。

◆第一線監督者マネジメントガイド【無料】サンプル◆ 
10秒でダウンロード! 
https://event.jma.or.jp/cpf_guide_sample

第一線監督者マネジメントガイド 詳しくはこちら
CPE 生産技術者マネジメント資格 CPP 購買・調達資格公式サイト ものづくりポータルサイト ものづくりのためのJMAオンラインセミナー JMA GENBA Management Conference & Award 第一線監督者の集い GOOD FACTORY賞 受賞記念講演会 JMI生産・開発マネジメントコース ものづくり総合大会 生産革新プロフェッショナルコース ものづくり人材育成ソリューション JMA海外体験型研修プログラムJ-EXCEED
ページトップへ戻る