尊敬される人間モデルになることが重要な理由とは?

人材育成において、目標となる人材像が身近にあることは非常に重要です。

それでは、現場の若手において、最も身近でわかりやすい目標となる人材は誰でしょうか? それは、第一線監督者です。

周囲から尊敬されることは、人材育成以外においても効果があります。例えば部下が「私をここまで育ててくれた第一線監督者のためにここは最大限頑張ろう 」という感謝の気持ちで応えてくれるかもしれません。また、「彼のいうことならきっと正しい」と積極的に革新に取り組んでくれる味方が増えることも考えられます。

このように、部下にとって目標とされる人物像であり、職場で尊敬される人間モデルになることは、第一線監督者の役割として非常に重要です。

一方で、性別・国籍・年齢の異なる多様な人が働く生産現場において、皆から尊敬される人間モデルを構築することは難しいものです。

第一線監督者に求められる職場リーダーとしての役割をまとめた「第一線監督者マネジメントガイド」には、尊敬されるリーダーとなるヒントが多く詰まっています。

まずは、ご自身や貴社にとって役に立つものかどうかを体験していただける
第一線監督者マネジメントガイド【無料】サンプルダウンロードをご利用ください。

◆第一線監督者マネジメントガイド【無料】サンプル◆ 
10秒でダウンロード! 
https://event.jma.or.jp/cpf_guide_sample

第一線監督者マネジメントガイド 詳しくはこちら
CPE 生産技術者マネジメント資格 CPP 購買・調達資格公式サイト ものづくりポータルサイト ものづくりのためのJMAオンラインセミナー JMA GENBA Management Conference & Award 第一線監督者の集い GOOD FACTORY賞 受賞記念講演会 JMI生産・開発マネジメントコース ものづくり総合大会 生産革新プロフェッショナルコース ものづくり人材育成ソリューション JMA海外体験型研修プログラムJ-EXCEED
ページトップへ戻る