変化に反発するリーダーと変化を受け入れるリーダーの違いとは?

人は変化に対して否定的になりやすいものです。慣れは安心につながり、変化(新規)は不安を招きます。

新規配属の作業者にとって最初はすべてが新しいものの、時間の経過とともに業務は習慣・経験となり、変革に対して反発してしまう心理が働きやすくなります。

コンサルタントが改善指導を始めるとき、「“変えよう”を合言葉にする」ことが提案され、現状維持は禁句となることが多いです。しかしベテランの作業者ほど、現状を変えることは過去の自分たちを否定された、という感覚を抱きやすく変化に消極的になりがちです。

ベテランの最たる者である第一線監督者は、このようなバイアスを認識し、第一線監督者自らがやってみようという姿勢を日常から見せることが必要です。その姿勢が、変革を受け入れる風土の醸成につながります。

「第一線監督者マネジメントガイド」では単なる知識だけでなく、これからの第一線監督者の活動の視点や高度な管理活動を目指すための考え方をまとめました。変化・改善を自ら推進するには、将来の工場像をイメージできる未来軸の視野が必要です。変革を推進できるリーダーの育成に、ぜひ活用してください。

まずは、ご自身や貴社にとって役に立つものかどうかを体験していただける
第一線監督者マネジメントガイド【無料】サンプルダウンロードをご利用ください。

◆第一線監督者マネジメントガイド【無料】サンプル◆ 
10秒でダウンロード! 
https://event.jma.or.jp/cpf_guide_sample

第一線監督者マネジメントガイド 詳しくはこちら
CPE 生産技術者マネジメント資格 CPP 購買・調達資格公式サイト ものづくりポータルサイト ものづくりのためのJMAオンラインセミナー JMA GENBA Management Conference & Award 第一線監督者の集い GOOD FACTORY賞 受賞記念講演会 JMI生産・開発マネジメントコース ものづくり総合大会 生産革新プロフェッショナルコース ものづくり人材育成ソリューション JMA海外体験型研修プログラムJ-EXCEED
ページトップへ戻る