第一線監督者に求められる技能スキルは?

第一線監督者は現場の経営者であり、評価指標は作業スキルではなく経営能力であることが望ましいと考えられます。しかし、現場の指導・教育において、やって見せるという方法は非常に有効です。

したがって、自職場の人材育成を行い、次代の第一線監督者を育てるという役割を持つ第一線監督者は、自職場の作業について標準作業ができる程度の作業スキルを身につけておく必要があると言えます。

一般的には第一線監督者は職場の経験があるため、標準作業を覚えることはそれほど難しくはないように思えます。しかし、初めての職場ではそうはいきません。

大切なことは謙虚な気持ちを持ち、職場のベテランに教えてもらいながら自学自習で早く慣れることです。匠になる必要はありません。作業の内容を熟知し、初心者に教えられるレベルで十分です。

このように、第一線監督者の役割の一つである訓練指導・技能伝承だけを見ても、第一線監督者に求められる考え方・動き方は多岐にわたります。

部下育成において第一線監督者に求められる役割をまとめた「第一線監督者マネジメントガイド」は、自社に合った人材育成方法を現場で考える際の一助となるはずです。

まずは、ご自身や貴社にとって役に立つものかどうかを体験していただける
第一線監督者マネジメントガイド【無料】サンプルダウンロードをご利用ください。

◆第一線監督者マネジメントガイド【無料】サンプル◆ 
10秒でダウンロード! 
https://event.jma.or.jp/cpf_guide_sample

第一線監督者マネジメントガイド 詳しくはこちら
CPE 生産技術者マネジメント資格 CPP 購買・調達資格公式サイト ものづくりポータルサイト ものづくりのためのJMAオンラインセミナー JMA GENBA Management Conference & Award 第一線監督者の集い GOOD FACTORY賞 受賞記念講演会 JMI生産・開発マネジメントコース ものづくり総合大会 生産革新プロフェッショナルコース ものづくり人材育成ソリューション JMA海外体験型研修プログラムJ-EXCEED
ページトップへ戻る