日々の現場管理で作業効率の低下を防ぐには?

現場は常に変化しています。突発的な計画変更、欠勤、部品不良や欠品、ビギナーの投入など、同じ条件の日はほとんどありません。

他部署からの応援などでビギナーが投入された場合、標準作業の徹底が求められます。それを作業者が守らなければ、たちまち作業効率が20~30%は低下してしまうでしょう。

急な欠勤が生じた場合、作業編成を慎重に行う必要があります。特に短サイクルのライン作業では、目検討で作業分担を決めてしまうと、最大効率に比べて40%近くも効率が下がることがあるからです。

このように、日常発生する種々の変化に対して神経を配り、細々と注意することで生産性を高く保つことが重要です。いつも現場にいて作業者と接している第一線監督者にしかできない仕事です。

高度な現場管理を行うためには、まずは「第一線監督者マネジメントガイド」で現場管理の基本と課題を体系的に学ぶことが近道です。自社の現場の作業効率を高めるためにも、一度手に取ってみてはいかがでしょうか。

まずは、ご自身や貴社にとって役に立つものかどうかを体験していただける
第一線監督者マネジメントガイド【無料】サンプルダウンロードをご利用ください。

◆第一線監督者マネジメントガイド【無料】サンプル◆ 
10秒でダウンロード! 
https://event.jma.or.jp/cpf_guide_sample

第一線監督者マネジメントガイド 詳しくはこちら
CPE 生産技術者マネジメント資格 CPP 購買・調達資格公式サイト ものづくりポータルサイト ものづくりのためのJMAオンラインセミナー JMA GENBA Management Conference & Award 第一線監督者の集い GOOD FACTORY賞 受賞記念講演会 JMI生産・開発マネジメントコース ものづくり総合大会 生産革新プロフェッショナルコース ものづくり人材育成ソリューション JMA海外体験型研修プログラムJ-EXCEED
ページトップへ戻る