第一線監督者とは

製造現場において、目標(QCDSE※)達成のため、管理・監督・指導を行う管理監督者。
特に、経営者の視点を持った、高度なマネジメントスキルを有する管理者のこと。

・一般的には、製造現場の作業者出身で、直属の部下(作業者)を監督する立場の人の事。
係長・工長・主任・職長・作業長・ラインリーダー

・担当する現場管理について、大きな責任と権限を持ち、現場の問題点や改善点に対して、上司に強い意見具申を行う。

・ライン系列のマネージャー候補であり、自分の意思で高い目標にチャレンジできる、「現場の経営者」の立場。

※QCDSE・・・生産計画・管理、品質マネジメントのこと
 Quality(品質)Cost(コスト)Delivery(納期)Safty(安全)Ecology(環境)

第一線監督者7つの役割

より優秀な第一線監督者として、自ら成長するために。
第一線監督者の果たす役割と責務は、近年ますます多岐にわたり、より重要なものとなってきています。優秀な第一線監督者として成長するために、 日本能率協会では、第一線監督者の“7つの役割”を定義しています。
1. 担当職場(現場)の経営者となる - 担当職場の全体管理 -
2. 人材の育成を行う  -次代の第一線監督者を育てる-
3. 作業指導を行う
4. 改善の指導・継続を行う
5. ルールを遵守できる職場づくり
6. 快適な職場風土づくり  - 職場を活性化させる -
7. 職場から尊敬される人間モデルとなる

※詳しくは「第一線監督者マネジメントガイド 知識ガイド」に解説しております。



第一線管理者の為のスキル体制

日本能率協会では、第一線管理者のさまざまなスキルアップの場を用意しております。
第一線監督者の為のスキルアップの場

CPFセミナー

ニュース

現場力を守るために第一線監督者がすべきこととは?

36

好不況の波はいつの時代も存在します。企業はその度にものづくりに関して様々な施策を 行ってきました。しかし、残念ながら施策によって現場力が弱体化した企業は、少なくありません。 メーカーにとって、現場力を弱める施策は避けるべ・・・

働きがいのある現場を作るには?

35

現業職の方たちが働きがいを感じる現場は、どのような環境でしょうか?  一つの要件として、会社人生の航路が整備されていることが挙げられます。 例えば、客観的な評価システムを通して、本人の実力と会社が求める役割能力の最適化が・・・

グローバルな競争の中で、日本のものづくり現場が勝ち残るには?

34

企業の目的の一つに、雇用の安定と社会の発展があります。製造業でそれを成すには 「日本の工場で作りあげた製品が世界で愛用され、多くの皆様に喜んでいただく」という 状況が必要でしょう。 現場が日本にあることが製品の強みにつな・・・

第一線監督者に自らの役割を理解させる必要性とは?

33

製造業の経営トップの多くは、第一線監督者の重要性を認識しているようです。 一方、第一線監督者自身は自らの役割の重要性を認識していない方が多いようです。 このことは、どのようなデメリットを生むのでしょうか? 例えば、第一線・・・

第一線監督者育成を人材投資と認識するには?

32

投資を行うには、目的と効果を全社に理解・納得させることが大切です。 しかし、設備投資と異なり、人材への投資は目的と効果がぼやけてしまいがちです。 大切なことは、経営トップから全社に向けて、第一線監督者に求める役割を明確な・・・

第一線監督者がスキルアップの時間を確保するには?

31

第一線監督者がスキルアップの時間を確保できなければ、改革や改善は進みません。 しかし、昨今の第一線監督者を見ていると、それだけで済まないように感じることがあります。 第一線監督者が前向きな改善業務に時間が取れない状況が、・・・

なぜ第一線監督者の育成を継続することが重要なのか?

30

第一線監督者の教育は、継続して続けることが必要です。投資の歩留まりが悪くとも、 縦続することで模範となるような第一線監督者を育成し続けることができます。 このことは、企業にとって大きな価値を生み出すでしょう。 業績の悪い・・・

第一線監督者に自身の役割を理解してもらうには?

29

第一線監督者の方々からこんな質問を受けることがあります。 「われわれの役割は何でしょうか。」 この質問は、現場の深刻な問題を表しています。すなわち、第一線監督者が自身の役割を 認識していない、もしくはその認識に自信を持て・・・

部下からの目標になる第一線監督者とは?

28

第一線監督者を目指す人たちには目標がなければなりません。 目標は、誰もが理解できるほど具体的であることが望ましいです。 例えば、〇〇さんのような人になりたいと具体的な人名があがるのが理想的です。 それでは、どのような人物・・・

仕事を通じた部下の育成方法とは?

27

仕事の成功によって人は成長します。それでは、どのような仕事が部下の成長に つながるのでしょうか。 仕事には3つの種類があります。やるべき仕事、やれる仕事、やりたい仕事です。 3つが一致する領域が理想の仕事です。趣味を仕事・・・

第一線監督者マネジメントガイド 詳しくはこちら
CPE 生産技術者マネジメント資格 CPP 購買・調達資格公式サイト ものづくりポータルサイト ものづくりのためのJMAオンラインセミナー JMA GENBA Management Conference & Award 第一線監督者の集い GOOD FACTORY賞 受賞記念講演会 JMI生産・開発マネジメントコース ものづくり総合大会 生産革新プロフェッショナルコース ものづくり人材育成ソリューション JMA海外体験型研修プログラムJ-EXCEED
ページトップへ戻る