スキルスタンダード

スキルスタンダード

第一線監督者として必要とされるスキルを業務ごとに分類し、それぞれに4段階のレベルを設け、セルフチェックができるものです。

セルフチェックの結果、不足している知識を「知識ガイド」「アドバンスドガイド」の関連項目で補完できます。

※第一線監督者マネジメント資格(CPF資格)の試験問題は、「知識ガイド」から出題されます


90項目 第一線監督者に必要なマネジメントスキルをセルフチェック

業務分類項目

  • 第一線監督者の役割
  • 品質管理
  • 安全管理
  • 環境管理
  • 生産性管理
  • 原価管理
  • 改善手法
  • 診断技術
  • リーダーシップ
  • コミュニケーション 他

レベル1~4までの4段階に定義

レベル1 自らがリーダーシップをとり、当該業務のレベルアップを実行できるレベル

レベル2 関係者に当該業務を教えることができるレベル

レベル3 業務内容を理解し、主体的に行動できるレベル

レベル4 指示、指導を受け、業務を遂行できるレベル

知識ガイド アドバンスガイド スキルスタンダード

第一線監督者マネジメントガイド ご購入はこちらから

サブコンテンツ
CPE 生産技術者マネジメント資格 CPP 購買・調達資格公式サイト 製造業のための生産分野専門オンラインセミナー 購買・調達人材育成スクール ものづくりポータルサイト ものづくりコラム 第一線監督者の集い GOOD FACTORY賞 受賞記念講演会 JMI生産・開発マネジメントコース ものづくり総合大会 ものづくり人材育成スクール 生産革新プロフェッショナルコース ものづくり人材育成ソリューション
ページトップへ戻る