CPF資格について

CPF資格とは

第一線監督者マネジメント資格(CPF資格)は、
日本の製造業現場、ラインを率いる第一線監督者に求められる、マネジメントスキルを有することを証明する資格です。
  • 第一線監督者として求められるマネジメントスキルを習得した人材を「CPF」と称し、認定する資格制度です。
    CPF=Certified Production Foreman
  • 試験問題は、CPF資格認定テキスト「第一線監督者マネジメントガイド」から出題されます。
  • CPF資格認定は、CBT(Computer Based Test)方式で保有知識を測定・評価します。
  • 第一線監督者マネジメント資格(CPF資格)は、公益社団法人全日本能率連盟が認定する民間資格です。

受験資格

第一線監督者に関する5年以上の実務経験を想定(規定はありません)

CPF資格のねらい

経営者の視点を持つ第一線監督者を創出し、ものづくりの基盤強化・活性化、人材育成に寄与します。

資格制度を通じて、経営の視点から広く第一線監督者の役割を認識し、
グローバルに通用する高いレベルの第一線監督者の育成に寄与することを狙いとしています。

企業にとって
経営者の視点を持った第一線監督者を育成したい各監督者のスキルを客観的に確認・評価したいマネジメント層登用・昇格の評価基準としたい

第一線監督者
本人にとって
マネジメント業務遂行のための知識を習得したい実務に活かしスキルアップしたい上司や社内に対し、自分自身の力を証明したい

CPF資格の対象者と対象業務

第一線監督者に求められるマネジメント業務

対象業種
製造業(自社に工場を持っている製造業)

対象者
一般的には、製造現場の作業者出身で、直属の部下(作業者)を監督する立場の人。

企業によって異なりますが、一般的には下記のようなポストの方々です。
・係長
・職長
・作業長
・主任
・ラインリーダー


“第一線監督者”を管理・管轄する上司の皆様へ

貴社の現場力・起業力強化に、CPF資格制度の導入をお勧め致します。
“第一線監督者”とは、製造業の現場において、設定された目標(QCDSE)達成のため、生産性向上などの改善活動を中心とした現場マネジメント、管理・監督・指導を計画・遂行する立場の実施責任者を指します。
役割としては、日常の現場管理のほかに、改善活動の指導、人材の育成、職場の活性化、実務作業の指導や支援などがあります。

CPF資格は、これらの実務に携わる方を対象に、CPF(Certifird Production Foreman)として、職場管理・改善活動の推進による職場の高度化に関わる十分なマネジメント知識を有しているかを測定・評価するものです。

経営者の視点から現場マネジメントができる、優秀な第一線監督者を育成したいとお考えの企業様は、ぜひ「第一線監督者マネジメント資格(CPF資格)」導入をご検討ください

第一線監督者マネジメントガイド 詳しくはこちら
サブコンテンツ
CPE 生産技術者マネジメント資格 CPP 購買・調達資格公式サイト ものづくりポータルサイト 製造業のための生産分野専門オンラインセミナー JMA GENBA Management Conference & Award 第一線監督者の集い GOOD FACTORY賞 受賞記念講演会 JMI生産・開発マネジメントコース ものづくり総合大会 生産革新プロフェッショナルコース ものづくり人材育成ソリューション JMA海外体験型研修プログラムJ-EXCEED
ページトップへ戻る